スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by BAFOSUZU
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

現場復帰

1日で風邪をリカバリーして現場復帰、いやぁ一日で治ってよかったよかった。
嬉しさあまりにラグクジを4回もやちゃったぜwww

そんな訳で今回当たったもので目を引いたものは~
DEX鯖ロッド、Sフォーマルスーツ、ドラゴンスレイヤー
ぐらいでしょうか、う~んやっぱ一等はなかなか当たりませんねぇ(´・ω・`)
とりあえずこれらが売れれば悪魔盾にもの凄く近づくはず、頑張って売らねば(`・ω・´)

そうそうポーション第三弾フィギア付きを買いましたらAC版クラウドが一発で当たりました(゜∀゜)
ACはアーマード・コアじゃないよアドヴェントチルドレンだよ

つかクラウド剣持ちすぎ(笑)
これじゃあギルガメッシュですww
とりあえずこれで微妙な味のポーションを無理やり飲まなくて済みそうです(^。^)
スポンサーサイト
by BAFOSUZU
04:12 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

あれれ?

久々に風邪でぶっ倒れる。
熱を測ると何とまぁ37度で頭が痛く鼻水が酷い、咳も少々といった感じ、これは不味いと思いながらも出社しようとする。
しかし途中までチャリを扱いだものの辛くて断念、休む事を職場に伝える。

その後、家に戻り午後まで休息、熱は何故か37.6度
あがってるやん( ̄- ̄;)
しかし寝まくってしまいなかなか寝付けないので横になりながらドラクエ4をプレイ、すると何故かはしらないが裏ボスまで撃破―
本当にやる事をなくしてしまったorz

仕方ないので再び目を閉じ休息、夕方ごろ目覚めて少しだけROをプレイ
ここで熱をチェックすると36.8度
おお下がってるじゃないか(^ω^)
そんな訳で明日は仕事に出られそうだとユニットリーダーにメール、続いて晩御飯を摂取して再びROをプレイレベルが82になる
さてさて薬も飲んだし少しはましになってるだろうと思い熱を測ると
37.1度
オイオイw
上がっちゃったよorz
という訳で放置露店をして本日は寝る事にするorz

ネットサーフィン中に見つけたフラッシュオセロを自分のブログに張ってみる。意外とはまるのでぜひとも遊んでくださいな♪
by BAFOSUZU
21:50 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

最近のこと

11月22日、ドラクエ4買いましたっ(^ω^)
4はいいよぉ

それでもって早速プレイ開始です。
何たって翌日の23日はコミッククリエイションでしたから、多くの人と擦れ違い通信をしたかったのですよ。
というわけで約6時間ぐらいかけて4章までをクリア、5章のミネア達を仲間にするところまで進めした。
しかしながらこのドラクエ4・・・・
タッチパネルに対応していないんですよっ!!
ほらっ! タッチパネルをタッチペンで叩いてみてもっ!
反応がない、ただの屍のようだ
反応がない


まぁそんなお約束はいいとして、今日の話しですが今回はリア友の醤油屋さんと合体サークルでした。
え?別にアクエリオン流行ってるから合体したんじゃないよ?
それはさて置き、今回もやりましたよ。
コミッククリエイションのみの抽選会っ
今回は色々と面白い物が景品として集まりました。
一番の人気といえばミックミクのジッポライターでしょうか
あれは糞人気があってみんなあれ狙いだったようです。
そんなミックミクライターも最後にはちゃんと欲望に満ちた男達に持っていかれましたwww

さてさてしかしながらですよ、擦れ違い通信がしたくて頑張ったドラクエ4ですが―
誰も移民の町まで行ってねぇみたいで収穫ゼロでしたぁああああ!!!
orz
やってる人は結構多く見かけたのに・・・・・(´・ω・`)
やっぱ買って次の日に通信なんて無理があったのかなぁ・・・・
ちなみに移民の町は5章を少し進めたところまでいかないと出来ないんですよ。なしてそんなところまで進んでから移民の町なんでしょうか、始めた直後にやらせてくれよ(;;)
何となく敗者になったような1日でした。

追伸:生まれて始めてコスプレしました(ぇ
by BAFOSUZU
23:31 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

今日は夜勤

だから無理してでも2レベルぐらい上げようと思って頑張ったら
こんな時間になってしまった(´・ω・`)


・・・・・でもレベル80になれたものね(ぁ
by BAFOSUZU
04:51 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

ROが止まらない

何となく始めた騎士育成、AGI両手剣型だったはずがいつの間にかこんなステータスにガクガク((((゜д゜;))))ブルブル
強くなったらヴェルフルート

はっきり言って何処がAGI型なんやねんorz
最終的には修正込みでSTR90、AGI80、VIT70、INT12、DEX50、LUK5にする予定です、完成は97レベル辺りかなぁ

今後の課題はとりあえず悪魔盾を買うことと、さっさとベースを90にしてポニーよりパワーリングを引き継ぐ事ですっ
ああ、あとバーサクPも使いたいな、それやると片手剣でもそこそこのスピードで狩れるようになるし(^ω^)
by BAFOSUZU
03:01 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

修理不可

ようやく2PCになったと喜んだのもつかの間、三日で崩壊( ̄□ ̄;)
それから修復を試みるも未だにうんともすんとも言わない糞PC
何なんだ? 一体俺が何をした?
高々2日間放置露店をかましただけじゃないかっ!!!



今は後悔してますorz
by BAFOSUZU
02:54 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

RO

何だか最近ROにどっぷりはまっている自分が居る。
しかも当の昔に飽きたと思っていたナイトにお熱である。

これは転生まで持ってくしかないっ(ぇ
by BAFOSUZU
02:28 | 日記 | comments (2) | trackback (-) | page top↑

とうとうやってしまった

ROのために2代目PCを導入。
いやぁ魔が差したのだよ。
僕が悪いんじゃないんだよ。
でも気が付いたら廊下にある家族兼用(誰も使ってない)PCを部屋に持ち込んでいたんだ。(時刻は午前1:30頃か?)

いやぁいいね2PC、アイテム移動も一人で出来るもんっ☆
これからもガンガン騎士のレベルを上げていくぞd(^ω^)


あと今日は午前中本屋に行き、『ちょこっとヒメ』略してちょこヒメの単行本1、2巻を購入してきました。

この本、最初は彼女に薦められて暇つぶし程度に読んでいたんだけど、キャラクターがとても可愛くて、気が付いたら時間を忘れて読んでいたの、猫が好きなあなたならきっと愛読書になるわよっ

てなわけで返却してしまってもいつでも読めるように購入しに行ったわけです。
うん、これを読むと自分の猫がさらに可愛く思えてくる(`・ω・´)
by BAFOSUZU
15:05 | 日記 | comments (5) | trackback (-) | page top↑

何故かメイド喫茶へ

その日は隣街である平塚に服を買いに行く予定であった。
そんな訳で俺はROを嗜んだのちに原付に跨り茅ヶ崎駅へと向かった。
だがしかし、銀行でお金を下ろした直後の事だ。
S.Aから電話の着信が、
「お前、今すぐ秋葉原に来い」
俺は耳を疑った、自宅と秋葉原を掛けた悪い冗談だとも思えた。
だが奴は確かに言った「秋葉原へ来い」と・・・・
服を買ったら早々に自宅に戻りROでナイトのレベルを上げたいと俺は思っていた。
理由はどうあれ、あれ程にポニー以外のキャラクターを育てたいと思ったのは数年ぶり、まさにROに完全復帰と言ってもいいだろう。
しかしここで秋葉原と来た、何故に今日なのだ、嘆いたりもした。
だが俺は考えた。秋葉原と言えばメイド、メイドと言えば喫茶だ。
脳内で情報がスピーディーに整理、計算され一つの答えを導きだす。
そうだ、メイド喫茶行ってみよう
俺は迷うことなく上り電車に乗り込んだ。

さて一時間以上電車に揺られてやって来ましたオタクの町、秋葉原、
S.Aと合流後、特に見るものもなく秋葉原をうろつく、とりあえず一枚取らせてもらおう。
071104_1508~01.jpg

どうやらこれが「とらのあな」秋葉原店のようだ。
マジでデカイ、だがこれに入る勇気―
というより気力が無かった俺達は簡単にスルー、メイド喫茶を探し始める。
だが探してもメイド喫茶は見つからない、気が付けば歩行者天国が終わっていて普通に道路に飛び出していた。危うく本当の天国に行くところであった。
道を引き返しながらに俺は思考を働かせる、そもそもメイド喫茶がそこら辺にあるのか?否、ここは秋葉原、何の変哲もないビルの階層ごとに違う店がドコドコと入っているようなところだ。
つまり―
道路沿いの店を見ていては駄目だ
とにかくビルの窓に目をやる、ビルの何階かにメイド喫茶はあるはずだ。
そして探す事の約5分、本当に簡単にメイド喫茶は見つかった。やはりあったビルの6、7買いにあった。
乗り気ではないS.Aを引っ張りながらもエレベーターに乗り込み7階へ、するとそこで待っていたのは、
メイドではなく入店待ちをしているヲタどもの頭だった!!
恐るべしヲタども(中には明らかに観光な一般ピーポーな兄ちゃん達もいた)
まぁ仕方ないので並ぶ、外にある非常階段に・・・・
震災来たら一撃で終わるであろう危険な非常階段に並ぶヲタども、正直に言えばここがターニングポイントだったに違いない、だが俺達は並ぶ事にした。
ここからが少し長かった、暇を持て余した俺は柵から顔を出し興味本位で下を見てみる。
見なければ良かった
どうやら下にもメイド喫茶があるらしく、狭く縦に伸びた非常階段はヲタで埋まっていた。何と言うAKIBAスパイラル。
しかしそんな列もコミケに比べれば生易しいもの、鍛え上げられた不屈の精神で遂に入店までこぎつける。
いや入店という言葉はこの喫茶には不釣合いと言えよう。
正しくはご帰宅
そこの点を間違えてはいけない。
とりあえずお決まりの言葉で迎えられる俺達、店内は思ったより広くはなく俺達は店の一番奥の端の席に案内された。
正直、あまり良い場所には思えなかったが、店内を一望できた。
驚いたのは『らんま』と『うる星やつら』のコミックが完全版ではない方で全部揃っていた点だ。
まぁそれはさて置き、この店は60分ワンオーダー制らしい、つまり1回しか注文できず60分後にはお出かけしなくてはならないのだ。
そんな訳で一気にデザートまで注文することにした。
頼んだのはパスタに紅茶、デザート、名前が分かり難いうえに覚え難いので記載しかねるが結構頼んだ。注文を聞きに来たメイドと話が弾み、何故かCDまで買ってしまった。
恐るべしメイド・・・
しかしながら店内を見回してみるとメイドではなく他のものに目が付く
、それは隣のテーブルの客
何でスーツ着た中年のオッサンが一人でここに居るんですかっ!?
まさに勇者だった、俺は彼のことをオタリーマンと呼ぶことにした。
イカした午後だな、オタリーマン。
だがこのオタリーマン舐めてはいけない、何とこの直後に開催されたジャンケン大会であっさりと優勝を果たしてまう。もちろんジャンケン前の萌え萌えな振り付けをシュールにかましてだ。
恐るべしオタリーマン・・・・
さてさて注文の料理が届き出すが、料理を持ってきてくれたメイドが俺達に尋ねてくる。
「初めてのご帰宅でしたよね? 観光か何かですか?」
初めてのご帰宅、家出してるうちに家が変わってしまったかのような言いっぷりだが、そこは敢えて突っ込むのはやめておいた。
しかしながら一般ピーポーと間違えられているのだろう。こう言われて言葉に詰まる俺達、何故なら何となく来ただけなのだから、なので正直に答える。
「何となく来ただけなんですよ。まぁ気が向いたら『とら』(ヲタ語)とか『メイト』(これもヲタ語)に行こうかと」
「えっ、ご主人様オタクなんですか?」
まぁ観光と思われていたのだ驚かれるのも無理はない、だから言っておく必要がある。
「はい、コミケでサークル出すほどにガチヲタです」
ちなみに冬コミでは深夜に並び凍死しかけたこともある。
この話しをすると結構笑われた。命が掛かっていたのだが・・・・・
まぁそれが良かったのであろう。何となくS.Aも空気に慣れ(俺は最初から同調していた)その後も料理を持って来てくれるメイドの人とヲタな話を展開する(.hack//GUの話やらき☆すた、コスプレなど)
すると俺達が同人活動をしているという話がメイド間で伝わったらしく態々俺達と話したいがために料理を持って行くのを変わってもらってまで来てくれた子が現れた。
これにS.Aが感動、暴走を果たす。
彼の頭では力の限り『思い出はおっくせんまん』のサビフレーズが流れていたに違いない。
当初行きたがっていた俺よりもS.Aはメイド喫茶好きになっていた。
恐るべしメイドパワー、
店から出発するころにはS.Aは確かなメイド好きへと成長を果たしていた。

とりあえずまとめ。
メイド喫茶、楽しいよ?
by BAFOSUZU
01:42 | 日記 | comments (5) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。